焼きたくない人の強い味方、日焼け止めの選び方について

肌老化を防ぐためには年間を通して日焼け止めを使用して、紫外線を防ぐことが必要不可欠です。日焼け止めには、どの種類の紫外線をどれくらいの時間、防いでくれるか、またどれくらいの強さで防いでくれるかが明記されています。ですから、それらを参考にして選ぶことが求められます。まず紫外線A波を防いでくれる強さを示しているのが、PAと言う表記です。紫外線A波は肌弾力を低下させる要因で、PAはこれを防ぐ強さを示しています。+のマークが多いほど、その力が強いと言うことです。次にシミの原因となる紫外線B波に関しては、SPFと言う数値で示されています。この後に数字が書かれていますが、これは、日焼け止めを使わなければだいたい20分前後で始まる日焼けを、どのくらいの時間、伸ばすことができるかと言うことを示しています。たとえばSPF30とあれば、20分の30倍ですから、600分、つまり10時間は安心だと言うことです。日差しの強い季節に、炎天下などで活動する場合は、PA、SPF共に高い日焼け止めを選んだ方が安心です。ただしこれらが高いものは、肌への負担もある程度はかかってしまいます。ですから日差しが強くない季節、また長時間、外に出る予定などがない日は、PAは+が2つ、SPFは20~30程度の日焼け止めを選び、上手に使い分けるようにすると安心です。

最近の投稿