ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズの選び方にはいくつかのポイントがあります。まず、シューズは夕方に選ぶようにします。それはアーチ部が下がってきて夕方に足が大きくなる場合があるからです。また、ソックスの厚みを考えて選ぶことも大事なことになり、必ず、両足で履いて数歩なりを歩いてみてから買い求めるようにします。シューズ本体に関しては、まず、甲の部分がきつくないか確認する必要があります。甲が圧迫されてしまうと足の動きに影響がでて動きが悪くなってしまいます。また、足指の屈曲部分に柔軟性があるかどうかも確認する必要があります。足と靴の曲がる位置が違う場合には足を傷めることがあり、注意が必要です。つま先部分に関しても大事なポイントとなります。それは、つま先が靴にあたってしまったり、指が曲がってしまっている状態では上手く歩くことができず、また苦痛を感じてしまいます。あまり小さすぎるのも悪い影響が出てしまうために、この場合には約10mm程度は大きいサイズを選ぶ必要があります。くるぶしやかかとの部分も大事なポイントです。まず、くるぶしがあたったままの状態だと痛くてとても歩くことはできず、また、かかとにおいても足とカーブの部分が合っていない場合には上手く歩くことができなくなってしまします。シューズを選ぶ場合には必ず、実際に履いてみることと、場合によってはショップからのアドバイスを受けることが安心につながります。

最近の投稿