プチプチ食感がたまらない!チアシードの食べ方

最近話題のダイエット効果の高いチアシードとは、南米原産の食材で海外のセレブ達が好んで食べていることからブームとなっています。南米原産のチアの種で古代から食べられてきたスーパーフードです。人間が健やかに生きていくための栄養素をたっぷりと含んでいることで健康に良いとされています。見た目はゴマより小さく粒状をしていて、ブラックとホワイトの2種類があります。栄養素的に考察するとホワイトの方が、必須脂肪酸であるa-リノレン酸を豊富に含んでいることからよりダイエット効果が高いとされています。水分に浸すと種の周りがゼリー状になり、プチプチ食感が美味しいと好まれています。チアシードの食べ方には様々な楽しみ方がありますが、水で戻してそのままの状態で加熱などはせずに食べることが大切です。最もポピュラーな食べ方はヨーグルトに混ぜるという方法です。ヨーグルトに混ぜることで全体がモチッとした食感になり、後を引く美味しさだといいます。最近ではスムージーに混ぜるという食べ方も人気です。好みの野菜やフルーツに豆乳や牛乳などの水分を合わせ、ミキサーで混ぜるという簡単で健康なドリンクです。またジャムやクリームに混ぜて、そのままパンなどにつけて食べるという方法もあります。

最近の投稿