メラニン色素を薄くする成分、ビタミンcについて

メラニンとは、皮膚にあるメラノサイトと呼ばれる細胞内で作られる色素です。色は褐色~黒色をしていて、肌のシミの元として美容の大敵と思われています。確かに美容上はそのとおりですが、ヒトは別に美しさと無縁でいたいからメラニンを作るわけではなく、れっきとした理由があるのです。それは、色そのものに意味があります。黒っぽい色は光を吸収しますが、その光には、ヒトにとって有害な紫外線も含まれます。つまり、メラニンという黒っぽい色素を表面に出すことで、有害な紫外線から体を守ろうとする防御反応なのです。ちなみに、ホクロもメラニンの色ですし、もっと言えば毛髪や肌そのものもメラニンの色です。大事ですね。
さて、メラニンが必ずしも悪者ではないことは分かっていただけたとして、依然としてシミは何とかしたいものですね。メラニン色素を薄くするのに役立つのがビタミンcです。ビタミンcは体内で様々な重要な働きをしていますが、メラニン色素を薄くする働きもあるのです。ビタミンcは、まず、メラノサイトでメラニンが作られるのを抑える働きがあります。それだけではなく、一旦できてしまったメラニン色素の色を薄くする働きも持っています。つまり、メラニンの生成を抑えるとともに、できてしまったメラニンにも効果があるというわけです。

最近の投稿