メラニンの生成をおさえる成分、フラーレンについて

最近、女性の注目を集めているのが、フラーレンという成分です。
フラーレンには、肌の老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。
抗酸化力は、ビタミンCの170倍以上と言われています。
フラーレンは、シミができる根本的な原因である活性酸素を除去するだけでなく、紫外線の吸収効果もあります。
紫外線を防ぎ、発生した活性酸素を無害化することもできます。
また、メラニンの生成をおさえる効果が期待できます。
紫外線を含む太陽の光を浴びると、活性酸素が発生して、メラニンの増加につながります。
活性酸素には、様々な種類がありますが、フラーレンは、対応できる活性酸素が多いのです。
必要な部分だけに働いて、自然に排出されるので、非常に安全な成分と言えます。
フラーレンは、肌に留まって働く時間が長く、細胞を保護し、毛穴を引き締めます。
毛穴の面積を2割ほど縮小するというデータがあり、毛穴ケアの効果も期待できます。
サッカーボールと同じ球状の構造をしており、物質的にとても安定しているのも特徴です。
日焼け止めを塗る前に肌に塗っておくと、紫外線で発生した活性酸素が除去され、炎症も抑えます。
朝と夜の洗顔後に使うと、1日中、ずっと活性酸素を取り除いてくれるので安心です。

最近の投稿