メラニンの生成をおさえる成分、アルブチンについて

アルブチンは肌の漂白剤と呼ばれているハイドロキノンにブドウ糖が結合した有機化合物の一種で、コケモモやウワウルシなどの植物などに含まれている成分です。ハイドロキノンと同様美白効果があることが研究によって明らかとなっていますが、アルブチンにはメラニン色素の合成に関わるチロシナーゼという酵素の働きを直接阻害する働きがあり、メラニンの生成をおさえる効果が確認されています。美白効果に優れていることから厚生労働省より医薬部外品の美白成分として認可されています。
ハイドロキノンとブドウ糖の結合の仕方の違いにより、αアルブチンとβアルブチンに分けられ、一般的に肌に対する親和性が高く、美白効果の高いαアルブチンが化粧品などの材料として広く用いられています。強すぎる漂白効果で扱いの難しいハイドロキノンよりも効果が弱めなものの安定的で刺激が少なく、一般的な化粧品の使用では副作用や毒性を心配する必要はありません。チロシナーゼの抑制や色素沈着の予防効果という点で高く評価されています。ハイドロキノンのようにシミを劇的に消す効果は期待できないものの、シミの生成を徹底的に予防し、出来てしまったシミが濃くならないようにするのに非常に有効な成分です。

最近の投稿