間違った飲み方は冷えの原因に?正しいグリーンスムージーの飲み方

野菜がとれて簡単ということから人気になっているのがグリーンスムージーを使ったダイエットです。基本的に生の葉野菜と果物をミキサーにかけ、水を足して飲むだけという簡単なスムージーを朝食や夕食の食事を置き換えて飲むだけの簡単なものになります。今の食生活を変えること無く簡単に取り入れることができ、生きた酵素をとれることから新陳代謝が活発になり、野菜や果物の栄養を効率的にとれることから美肌や免疫力の向上、便秘の改善、血液のサラサラ効果や足のむくみの改善などが期待できます。
ダイエットに効果的なさまざまな効能がありますが、体を温める栄養は基本的に含まれていないため逆に体を冷やしてしまう可能性もあります。特に冬の飲み方には注意が必要で、冷蔵庫から出して常温で飲む、風呂上がりに飲むなど体温を下げないように飲んでいくことが重要となります。冷たいグリーンスムージーを飲み続けると内臓が冷えてしまうと代謝が悪くなり不妊の原因となってしまうことも考えられます。
また、栄養素を最大限に吸収する空腹時に単体で飲む、一日1〜2ℓを何度かに分けて飲む、入れる果物の糖質、カロリーが高いと逆に太りやすくなってしまうため入れる材料にも注意が必要です。

最近の投稿