クエン酸を多く含む食べ物がおすすめな理由とは

クエン酸と言えば酸っぱいというイメージがあります。食べ物でもレモンや梅干しなど、酸っぱい食品に多く含まれています。クエン酸には多くの効果があり、積極的な摂取が良いと言われています。その理由とは、疲労回復効果や美肌効果、ミネラルの吸収促進効果、動脈硬化の予防、尿酸値の値を低下させる効果、食欲回復効果など、多くの効果があると言われているためです。人間の細胞の中のミトコンドリアの中にはクエン酸回路というものがあり、体内に入ってきた食べ物を効率よくエネルギーとして使えるようにする働きがあります。クエン酸はこの回路に欠かせないもので、この回路が活発に働いていれば体内の栄養素をエネルギーに変えることが出来、さらに老廃物を体外へちゃんと排出することが出来るので疲労回復効果が期待できます。さらに新陳代謝が活発になるので、人間の健康のために欠かすことが出来ないものなのです。
クエン酸は絶えず身体の中で使用されているため、少量ずつでも毎日摂取することが重要です。1日の摂取量の目安は2gと言われているので、食事のときに梅干しを毎食食べるようにすると1日に必要な量は十分に摂取することが出来ます。食べ物からの過剰摂取はないと言われていますが、食べすぎには注意しましょう。

最近の投稿