くびれ有り無しの差は「肋骨と骨盤の距離」にあり

ダイエットで目標の体重に近づけたのに、理想とするくびれができないと悩む人もいます。一方、人がうらやむほどのキレイなウエストをしている人も多くいます。食事や運動などの生活習慣がその差を生むのかと考えるかもしれません。ウエストが引き締まる人の特徴は、肋骨と骨盤との距離が関係しているようです。遺伝的にその距離が広いためで、特別な努力をしていなくてもキレイなウエストラインになるということです。ですので、逆に肋骨と骨盤との距離が狭い人は、ダイエットを頑張ってもキレイなウエストラインができないことが多く見られます。このことから、ウエストが引き締まった人とそうでない人との差は、ある程度遺伝的な要素も関係しているといえます。

また、普段の何気ない生活のクセが原因で、ずん胴体型にしてしまうケースもあります。お腹を意識しないまま長時間座わったままが多かったり、背中を丸めた姿勢でいるならばウエスト周辺の筋肉が低下してしまいます。そうすると肋骨と骨盤の位置が本来の場所より近くなりずん胴になってしまいます。ですので、キレイな腰回りを作るにはお腹を意識せず、長時間座らないことや、ウエスト周辺の筋肉を鍛えるエクササイズを行うことで改善できます。

 

最近の投稿