体の中から美白する、日焼けに効く食べものをもっと知ろう

日焼けをすると肌は赤くなったり、黒くなったりします。赤くなるのは炎症が起きている場合です。この場合は、熱がひいてからその部分を冷やす方法が有効です。一方で黒くなっている場合は、紫外線によるダメージから細胞を守ろうとして、メラニン色素の分泌がいつもより多くなっていることが理由です。この場合は、メラニン色素がたまらないよう肌のターンオーバーを促進させること、また紫外線ダメージを沈静化させることが重要です。そのために利用したいのが食材の力です。たとえばアセロラやレモンなどに豊富に含まれているビタミンCです。これは、紫外線ダメージから肌細胞を守ると言う効果を期待することができます。またターンオーバーのリズムを整える作用もあるとされているため、メラニン色素の蓄積を防ぐことも期待できます。弾力を支えているコラーゲンの生成にも一役買っているので、紫外線ダメージによるたるみ予防にも効果が期待できます。そしてビタミンC以外にも、ビタミンEを含むナッツ類やアボカド、ベータカロチンを含む緑黄色野菜などが、美白に対しては効果を期待することができる食材、成分として挙げられます。これらは特に紫外線ダメージに対抗する抗酸化力に優れているため、メラニン色素の大量発生を防ぐことが期待できます。

最近の投稿