グリーンスムージーを飲んで不調を感じる場合があるって本当?

グリーンスムージーを飲んで肌荒れや頭痛、下痢や便秘を起こす場合は好転反応の可能性があります。グリーンスムージーを飲んでから起こるものなので「飲み始めたら下痢をしてしまった」「肌荒れを改善したくて飲んでいるのに、返って荒れてしまった」と、飲むのを止めてしまうケースがあります。好転反応を起こすにはちゃんとした理由がありますので、それを把握すれば体に出ている症状にも納得出来るでしょう。
人間の体は常に紫外線、ストレス、添加物等を取り込んでいます。これらの物によって体内には活性酸素が発生し、老化や様々な病気を引き起こします。グリーンスムージーには活性酸素を体内から排出させる作用がありますので、それにより頭痛や便秘や下痢の症状が起こるのです。簡単に言えば、体内の掃除中であるというサインです。
この好転反応には個人差がありますので、まったく症状が出ない人も入れば、酷く出てしまう人もいます。飲み続けていれば徐々に治まってくるので、心配はいりません。しかし、好転反応で辛くなる程の症状が出てしまっている人はグリーンスムージーを薄めて飲んだり、飲む回数を減らしてみてください。体に慣れるまで時間がかかりますので、焦らず無理なく続けましょう。

最近の投稿