ファンデーションはパウダー、リキッド、クリームを使い分ける良い方法

一口にファンデーションといっても色々な種類があります。
化粧とは縁遠い人でも思い浮かぶのはコンパクトに入っているパウダーファンデーションでしょう。
一番手軽に使え、肌への負担も少ないので最も普及しているものですが、油分が少ないので乾燥して表面がぱりぱりになったり、粉末が浮いてしまうこともあります。化粧ノリが如実に出るファンデーションです。
パウダータイプでは顔が乾燥してしまう人にはリキッドタイプかクリームタイプのファンデーションがおすすめです。
どちらも油分を含んでいるので、肌の乾燥を防ぎ滑らかな仕上がりにしてくれます。
乾燥が気になる人はよりしっかりした付き方になるクリームタイプを使うのがいいでしょう。
肌のテカリが気になる人はファンデーションの油分が少ないパウダータイプを使うと脂浮きや化粧ムラを抑えることができます。
ファンデーションは一回に一種類だけではなく、テカリが気になる箇所と乾燥しやすいと思う箇所でパウダーやリキッド、クリームを使い分けて塗ればより理想的なメイクに仕上がるでしょう。
尚、どのファンデーションも化粧崩れはするものです。一度付けたからといってそのままにするのではなく、こまめに化粧直しをするのがキレイを保つコツです。

最近の投稿