チアシードのおすすめの食べ方

チアシードは、黒ゴマのように小さい粒ですが、この一粒にはかなりの栄養素が入っているため、便秘解消や新陳代謝の向上、ダイエット効果などが期待できます。
水に混ぜるととろみがつく性質があるため、様々な方法で食べることができます。水と混ぜずにそのまま食べることもできますが、おすすめの食べ方は、スムージーやヨーグルトに混ぜる方法、ゴマの代わりにサラダにトッピングなどがあります。水に浸けずにそのまま食べると食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーになることもあります。他にも、調味料と混ぜることで、食感の楽しいドレッシングを作ることができます。組み合わせ次第で色々なドレッシングが作れるため、自分好みのものを作ることができます。
ただし、水分と混ぜてとろみを出す場合には、水分に浸しておく時間が必要になるため、つけておく時間を考慮して作る必要があります。15分程度でジェル状になり、1時間程度でトロトロになります。1対10の割合がちょうど良いとされています。
水分に浸す時間が少ない場合には、腸内で水分を吸ってしまい、便秘になる可能性があります。そのため、水分を十分に含ませるかたっぷりの水分と一緒に摂取するように気をつけます。

最近の投稿