ブラジリアンワックスで自己処理にチャレンジ!

アンダーヘアを処理するときに現在流行しているのが、ブラジリアンワックス脱毛です。これは、温めたワックスを脱毛する部分に薄く塗って、その上から布を当てて引きはがすと言う処理方法になります。
毛根からしっかりと脱毛することができるため、一度に処理することができます。
レーザー脱毛や光脱毛と異なり、手作りすることができるためコストパフォーマンスも良いというメリットがあります。
手作りレシピとしては、砂糖100gにレモン1/2個、伸びない生地の布を用意します。小鍋に砂糖とレモン汁を入れ、中火か弱火で砂糖を木べらなどで混ぜながら溶かしていきます。砂糖が溶けたら、あればハチミツやオリーブオイルを大さじ1ほど入れても良いとされています。そのまま火にかけながら焦げ茶色になるまで煮詰めます。煮詰めたら火を止め、タッパーなどに移し替えて人肌まで冷まします。
布を小さくカットし、冷めたワックスを気になる部分に絡めていき、しっかり布を上に貼って馴染ませて毛の流れとは逆方向に一気に引きはがします。
脱毛後は冷たいタオルなどで肌を引き締めます。洗う場合は石鹸を使わずに水だけで洗い流し、化粧水で保湿していきます。かゆみや赤みが出たら冷たい化粧水でコットンパックするか清潔なタオルで保湿していきます。

最近の投稿